ベビーのためのウォーター|様々な原因がある乳児湿疹はしっかりケア|焦らず確実

様々な原因がある乳児湿疹はしっかりケア|焦らず確実

ベビーのためのウォーター

ウォーター

いろいろな種類から

水道水をそのまま飲むこともありますが、最近ではミネラルウォーターなども市販されており、水の種類は豊富になっています。そのために大人の場合は自分の好みや条件に合わせて種類を選べば良いのですが、赤ちゃんの場合はそうはいきません。赤ちゃんは大人と違ってまだ身体が完全に出来上がっているわけではないために、水の種類によっては体調を悪化させてしまうこともあります。一般的には水道水やミネラルウォーター、ピュアウォーターなどが比較的よく飲むために利用されています。しかし、水道の場合は塩素で殺菌されているために、赤ちゃんにはあまり適しているとは言い難く、ミネラルウォーターは水道よりは安全性も高いですが、ミネラルが強いタイプのものは下痢のリスクがあります。そういった意味でも赤ちゃんには、余計な加工がされていないピュアウォーターが一番適しています。

PH値で判断を

赤ちゃんのための水は飲むだけでなく離乳食などにも使用されますが、基本的に硬いものよりは軟らかいものの方が適しています。日本では基本的に軟らかいタイプが流通していますが、海外では硬いタイプなので注意が必要です。そして酸性や中性、アルカリ性といったPH値に関しては、弱アルカリ性のものが赤ちゃんにはお勧めです。弱アルカリ性のものは吸収率の高さから、赤ちゃんが飲んでも問題がないとされています。このPH値は成分表に記されているため、購入する際に確認しましょう。他にも確認しておきたいこととして、地下水の方が外気に触れないために安全です。加熱殺菌されているものは、加熱しなければ安全性に欠ける証拠です。また、味といった意味でもいまいちであるケースが多いため、避けた方が良いでしょう。