様々な原因がある乳児湿疹はしっかりケア|焦らず確実

焦らず確実に治すこと

乳児

出来ることから一つずつ

生後1ヶ月頃から見られる乳児湿疹は決して珍しい疾患ではなく、多くの赤ちゃんが経験する疾患です。 乳児湿疹の中にもいくつかの種類があり、その種類によって原因も異なります。また、それらの原因も1つだけではなく様々な原因が重なっていることも多く、乳児湿疹の原因は一概にこれだと確定させることは困難です。軽度であれば、心配しなくてもそのうち快方に向かっていきますが、ひどくなるようであれば医師に相談し、適切な治療を行う必要があります。完治には時間が掛かることもありますので、取り除くことが出来る要因から除去していくことが大切です。例えば、乾燥を防ぐために保湿剤を塗ることや、お風呂での洗い方に気を付けること、また母乳で育てている場合には母親の食生活を見直すことなどです。

母親の食生活改善

特に、母乳で育てている母親の食生活は気を付けてあげたいものです。母親が脂質の多いお肉や揚げ物、糖分が多いチョコレートやスナック菓子などを摂りすぎていると、母乳にも脂肪や糖分が多くなってしまい、赤ちゃんも脂肪分や糖分の過剰摂取となってしまいます。更に、大豆や小麦、乳製品の摂りすぎにも注意が必要です。たんぱく質の量が多くなり、赤ちゃんの湿疹の原因となることがあります。もちろん、母親は体力も使いますし、ストレスもたまります。全く摂取してはいけないということではなく、適度な量を守るということが大切です。母乳だけに原因があるわけではありませんから、食生活を変えたからすぐに乳児湿疹が治るとは限りませんが、赤ちゃんの健やかな成長のためにも、また乳児湿疹の完治の手助けのためにも、まずは母親の食生活も見直してみることをお勧めします。

本当に必要なものだけを

ベビー用品

ベビーグッズは妊娠中にそろえるべきものと、出産後に購入するものに分かれます。妊娠中は必要最低限のものをそろえることをおすすめします。また、グッズの一部はレンタルすることで、赤ちゃんに合っているか、本当に必要かを吟味することができます。

More Detail

子供にも安心な水とは

ウォーターサーバー

ウォーターサーバーが注目の理由は、安全性が高く、赤ちゃんでも安心して飲めるからでしょう。また、熱湯ではなく常に適温なので、すぐにミルクを作ることができます。赤ちゃんに向いているウォーターサーバーの特色は、飲みやすい軟水が利用されており、様々な検査で安全性が確認されています。

More Detail

ベビーのためのウォーター

ウォーター

人間に必要不可欠な水ですが、赤ちゃんの場合はデリケートなため、大人が普通に飲むものではお腹を壊してしまうなどのリスクがあります。それゆえに赤ちゃんに適した安全な水を飲ませる必要があり、そういった専用の水も市販されています。

More Detail